ちょっと怖い!?民話!

2010年9月20日

こんにちは!木山でございます(●^o^●)

18日・19日・20日の3連休でたくさんのお客様にメルヴェール有馬をご利用いただきましたspa

本当にありがとうございましたnote(●^o^●) これからもどうぞよろしくお願いいたしますsign01

さて、本日は前回の続きで三田の欣勝寺にまつわるちょっと怖い民話をご紹介いたします。

むかし、むかし、欣勝寺に夜中になると女の幽霊が出てきていました。和尚様が「どうしたのか」と尋ねますと、「生前、夫があちこちに女性をつくり、恨めしい」と話すのでした。和尚様は幽霊の話を親身に聞いてあげ、「もう恨みは捨てて成仏するように」と諭しました。すると幽霊は「ありがとうございました。楽になりました」と言って身の丈60メートルの大蛇になり、欣勝寺の裏山に消えて行ったのです。     それから和尚様は山中で解脱した蛇の遺体を発見し、供養しました。その時、戒めに、と蛇の頭部を持ち帰り、寺の宝としました。japanesetea

なんとも不思議なお話なのですが・・・・実はその蛇の頭が欣勝寺に本当にあるのですsign03

実物は大事に保管されているそうで実際には拝見することはできませんでしたが、お写真を見せていただきましたsign03

写真でも「え~!!!!!(・o・)」と言うくらい大きさが分かりますupdown

テレビの取材の申し込みもあるそうなのですが、寺の宝ということでお断りしているそうです。

また、この蛇の頭を外に出すと雨が降ると言われているそうで、むかしは雨乞いの時に出していた、という話もあるそうです。

なんとも不思議なお話のある欣勝寺です。皆様もぜひお参りされてみてはいかがでしょうか(●^o^●)

NEW OSAKA HOTEL GROUP
NEW OSAKA HOTEL GROUP